工芸祭にてメディア画像学科研究発表展示

中楯先生より依頼掲示です


工芸祭が 11月1日〜2日に開催されますが、
添付書類の通り、その期間中に
メディア画像学科(旧 写真、光工学科、光情報メディア工学科、印刷、画像工学科)の
研究発表展示(メディア画像展)を開催します(添付PDF:MegFair14_LR)。

MegFair14

つきましては、同窓生の方々に是非お越しいただき、
発表をご覧いただきたいと思います。

(1)イベント名:メディア画像展 − 研究の紹介・実演・体験 −
(2)日時 平成25年11月1日(土)、2日(日) 10時〜17時
(3)展示場所 9号館3階
1) ゼミ室
2) メディアデザイン室
3) 学科展示室
(4)研究発表内容
1.光・写真と3D(立体双眼鏡、3DTV、ホログラム)
2.ユビキタスと照明(有機EL、照明デバイス)
3.印刷と画像(印刷のしくみ)(佐藤(利)、二見)
←↑以上 学科展示室
4.立体映像と3次元造形(立体映像、ゲーム、3Dプリンター)
← メディアデザイン室
5.ロックと声の部屋(良い声や変な声、声がみえる部屋)
6.人とコンピュータ(人間動作入力、情動を測る)
7.体験コーナー:カラーミキサー(色彩を演出する)
← ↑以上 ゼミ室(小ゼミ、大学院ゼミ室)

よろしくお願いいたします。

2号館取り壊し中

メディア画像工学科(元・写真/光+画像工学科)の久米教授より,2号館取り壊し中の写真を頂きました.

http://laplace.photo.t-kougei.ac.jp/dest/index.html

ご提供感謝いたします.

ちなみに感覚情報処理研究室(光情報処理研)のホームページはこちら.
9号館からの引越しの様子もあります.

 

旧2号館解体など厚木キャンパスの変貌

 東京工芸大学厚木キャンパスに工学部写真工学科、印刷工学科が開設されて以来の建屋、旧2号館が解体されました。懐かしい学舎は無くなりましたが、新しいキャンパスが出来ました。旧2号館の跡地は「憩いの広場」になのました。正門脇の旧4号館は改装されて教室棟になりました。変化の様子を写真をでご覧ください。

解体が進む旧2号館。光情報処理研究室が移転した新10号館6階より。(2004年8月6日撮影)

学生会館と旧1号館の間から見た解体現場(2004年8月6日撮影)

旧2号館の解体が進み、後方に雄姿が目立つ新10号館(2004年8月6日撮影)

旧2号館東側(2004年8月6日撮影) まだ外形は残っています。

旧2号館東側(2004年8月19日撮影)残る外形もあとわずかです。

ついに最後の部分の解体(2004年8月20日撮影)

本館6階より見た解体現場です(2004年8月19日撮影)

旧2号館は解体され、その土台を残して憩いの広場ができました。東側の部分は1段高くなっていてステージのようです。9号館、新10号館の前面は広場になりました。(2004年9月25日撮影)

正門左手にあった旧4号館は、研究室は新10号館へ移転して、その後、改装されて教室棟になりました。(2004年9月25日撮影)