建築学科 清水擴先生TV出演 (1/17, 3/6)

2010年3月末で工学部建築学科を定年退職されました清水擴先生のご出演番組につきまして、江部副会長からコミュニティサイトへの情報掲載依頼を頂いておりますので紹介いたします。

先月 1月17日(日)BS朝日テレビ 12:00~12:55
「百年名家」にて建築学科 清水擴 教授 出演番組の放送がありました。

今回、好評につき 来る3月6日(日)同BS朝日テレビ 12:00~12:55
「百年名家」の再放送が有ります。先生の紹介時に工芸大も出ています。

情報伝達宜しくお願い申し上げます。

15期  江部清彦 
—- 事務局より加筆 —-
清水 擴先生略歴
東京工芸大学名誉教授。1945 年 2 月生まれ。1974 年東京大学大学院工学研究科建築 学専攻博士課程修了。専門は日本建築史。1989 年より東京工芸大学教授。 主要研究テーマは平安時代の仏教建築史および近世民家建築史。
2001 年~ 2009 年文部科学省文化審議会第 2 専門調査会委員。2009 ~ 2010 年文部 科学省文化審議会員。2001 年より平泉遺跡群調査整備指導委員会委員として、平泉遺跡群の調査整備の指導を行っている。 主要著書に『平安時代仏教建築史の研究-浄土教建築を中心に』、『延暦寺の建築私的研究』等がある。