畑田研究室35周年同窓会開催のお知らせ(2016/11/26)

会員からのお知らせです

東京工芸大学工学部

畑田研究室35周年同窓会開催のお知らせ

謹啓 秋涼のみぎり、皆様におかれましては、ますますご健勝のことと お喜び申し上げます。本年で研究室発足35周年になります。 つきましては下記のとおり同窓会を開催いたします。 当日は畑田先生、石川先生にご講演いただきますので、 ご多忙中とは存じますがご出席賜りますようご案内申し上げます。

敬白

日 付 :2016年11月26日(土)

場 所 :東京工芸大学 中野キャンパス 2号館

住 所:東京都中野区本町 2-9-5 地下鉄/東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線-中野坂上駅下車 徒歩約7分

第1部:講演会 2号館2階2201講義室にて
12:30~13:30 受付 /13:30~14:30 畑田先生、石川先生講演会

第2部:同窓会 2号館地下1階

14:30~15:00 受付/15:00~17:30 同窓会
会 費 : 7000円(当日受付でお支払いください)

二次会 18:30~20:30 会費3000円 (会場は参加希望の方にご案内します)

参加申込みは

11月11日までに

幹事:神戸(カンベ )

メールアドレス: gakai@snow.nifty.jp

まで

氏名

卒業年度

学籍番号

第一部参加

第二部参加

二次会参加

をお知らせ下さい。

会員より:8月7日に福島よりコンサート(高座渋谷駅)

題名: お知らせ
卒業年・卒業学科: 昭和53年 工学部写真工学科

メッセージ本文:
同窓会ご担当者様

昭和53年卒 学籍番号31040 金子洋一と申します。

卒業後は都内で4年ほど映像関係会社に勤務後、郷里、福島県南相馬市に戻り家業の写真業を継ぎましたが
弟が短大で専門分野を学んで戻り、しばらくは共同経営をいたしておりましたが15年ほど前に舞台監督として地元の文化財団に招聘され、
施設建設から立ち上げまで貴重な経験をさせていただきました。

現在は独立して、福島県南相馬市で映像制作事業を立ち上げております。

実は本業とは別に、地元で演劇制作と音楽指揮者をしておりますが、今回はそのことでお知らせがあり連絡させていただきました。

震災当時、地元の子供たちを集めた合唱団を組織して活動しておりましたが、この子供たちが震災後、いち早く活動を再開したことが
多くのマスコミに取り上げられ、これまで5年半に120回を超える演奏を全国各地や世界各地で展開して参りました。
特に海外ではニューヨーク・リンカーンセンターでの演奏、バチカンにおけるローマ法王への献呈演奏そして、ウィーン少年合唱団とは
毎年、共演を果たし、特に3年前にはウィーン楽友協会においてウィーン少年合唱団とベートーヴェンの第九を共演するなど多くの成果を上げることが出来ました。

実は、今月7日から、これまでのご支援に感謝を込めた演奏旅行を企画しておりますが、その第一弾が神奈川県大和市になります。
台湾での交流演奏にお招きいただいた主催団体、大和高座会への御礼を込めた演奏になりますが、すでに神奈川新聞の取材を受け、事前記事にもなっているようです。

本業とは関係の無い事柄ですので、合唱や演劇活動については、これまで卒業生仲間にもあまり知らせずにおりました。
しかし、今回は大学から遠くない大和市、そして高座会の代表、石川公弘様は以前、工芸大学女子短期大学で教鞭をとられたことがあると伺い、お知らせしようと心を決めました。

合唱団の名前はMJCアンサンブルと申します。8月7日午後1時から大和市高座渋谷駅前のIKOZAという施設で演奏いたします。
地元厚木市のソニー混声合唱団も共演してくださいます。

7日からは神戸、淡路島、そして東京と連続5日間のツアーになりますので、演奏終了後はすぐに神戸に移動いたします。
本当ならば、卒業以来ほとんど顔を出していない母校を訪問したいという思いが強いのですが、またいつか機会があると思います。

映像の仕事も、震災後の2年間は本当に苦しいことが多くありましたが、皆様のお支えのおかげでどうやら経営的にも安定しつつあります。
齢60を超えて、本当であれば現役引退と行きたいところですが、後継者の息子が戻って引き継ぐまで、あと2年、がんばろうと思っています。

母校の発展を、東北の片隅から祈っております。
皆様にもよろしくお伝えください。

福島県南相馬市原町区大町2-13-3 写真工房・金子
代表 金子洋一

 

事務局加筆:
「感謝を歌声にして 福島の少女合唱団が7日コンサート」(神奈川新聞)
http://www.kanaloco.jp/article/189818

「発見!工学工芸人」のコーナーでも紹介させていただきました。ほかの会員の皆さんもご活躍をお知らせください

1975年入学/写真工学科昭和53年卒 金子洋一 福島県南相馬市で映像制作事業

 

同窓会会報『ひまわり』Vol.30を発行いたしました

同窓会会報『ひまわり』vol.30を発行いたしました

himawari30a
himawari30b

・義江 新学長ご挨拶
皆様が築かれた礎を基に全学的な発展を
・2016年度東京工芸大学工学部同窓会総会・懇親会を開催します
2016年6月25日(土) 17:30~総会 ※17:00~受付
ハイアットリージェンシー東京
・西宮 新工学部長ご挨拶
学生第一主義への改革そして教育力NO.1へ
・岩田 会長ご挨拶
工学部創立50周年、更なる発展のために
・2016年3月23日 卒業記念祝賀会が開催された
・2015年度東京工芸大学工学部同窓会長賞(3名)
菅 亮太さん(メディア画像学科)
狩野 航平(生命環境化学科)
リバート リン ジュン イーさん(建築学科)
・キャンパスの記憶
・2015年度東京工芸大学工学部同窓会収支報告
および2016年度東京工芸大学工学部同窓会予算(案)
・t-kougei.com
・工学部同窓会特別インフォメーション
入学金免除となる「同窓生子女等入学優遇制度」のご案内
出資金の返還について
2015年度退職者

PDF版はこちらからダウンロードいただけます

2016年度 東京工芸大学 工学部同窓会 総会・懇親会 のおしらせ

下記のとおり、2016年度東京工芸大学 工学部 同窓会総会・懇親会を開催いたします。

2016年度東京工芸大学工学部同窓会総会・懇親会のご案内

新緑の候、会員の皆様にはますますのご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。
2016年度工学部同窓会の総会・懇親会を下記の通り開催する運びとなりました。ご多忙中とは存じますが、皆様方にはお誘い合わせの上、多数のご出席を頂きますよう、ご案内申し上げます。
2016年5月吉日

東京工芸大学工学部同窓会 会長 岩田 浩

-記-

日時:2016年6月25日土曜日(17時00分より受け付け)
総会:17時30分より,懇親会 18時00分より
会場:ハイアットリージェンシー東京「センチュリールームB」
東京都新宿区西新宿2-7-2 (TEL 03-3348-1234)
参加費:無料

ご案内郵送物については会報とともに会員登録先住所にお送りします。住所変更・確認等はこちらへ,参加登録および委任状は官製はがきを同封いたしておりますので,6月10日までに事務局に届きますよう,ご協力お願いいたします。

併せて,事前登録フォームを用意してございます.葉書にてご登録の会員は不要でございますが,万が一郵便物が届いていない場合はこちらからご登録にお願い致します。

https://goo.gl/Lx4Ob5

役員の皆様は16:30にお集まりください.

☆会報「ひまわり」においては開始時刻に誤りがございました、お詫びして本ページの情報を正としてお伝えいたします。

会費はございませんので、是非、ご参加ください。

2013年度までは、学園祭開催と併催して厚木キャンパスで行っておりましたが、利便性を考慮し2014年度から日程と会場を都内に変更して行っております(昨年度の様子)。

総会後の2次会、3次会といった研究室等の集まりのお声がけも歓迎です。
Facebook等でご調整、告知いただければこちらのページに掲載させていただきます。

同窓会活動は卒業生の皆様のために行われております。
会員の皆様におかれましては、積極的なご参加をお願いいたします。

このホームページのURLはこちらです→ http://t-kougei.com/soukai2016

平成28年度 第1回 工学部同窓会 役員会開催

平成28年度 第1回 工学部同窓会 役員会が開催されました.

平成28年5月17日 18:30~20:30
ハイアットリージェンシー東京 B1F 吉野

新工学部長 西宮先生よりご挨拶
「50周年記念事業計画」について
・記念式典,祝賀会
案として2016/10/5に厚木レンブラントホテルなどもあるが見直しし,卒業参加しやすい形で開催したい.
・記念誌の発行
・整備事業
・名称活用

<議題>

平成28年度 総会
・式次第について
・総会資料について
・役員の件
・その他

「地方支部や研究室OBの集まりなどを支援するために,情報を集約していきたい」といった意見がディスカッションされました.地方支部や研究室・サークルOB会などの定期的な集まりや開催は「お問合せ」にお寄せいただければ幸いです.

総会については以下の通りの開催となりました.

日  時  2015年6月25日土曜日(17時00分より受け付け)
総会  17時30分より      懇親会 18時00分より
会  場  ハイアットリージェンシー東京 「センチュリールームB」
東京都新宿区西新宿2-7-2 (TEL 03-3348-1234)
参 加 費  無料※

詳細はこちら http://t-kougei.com/soukai2016

※懇親会参加費について,2015年度総会におけるディスカッションから,今回の総会において,2017年度の会費制導入,無料継続の是非について議題が設定される見込みです.ご意見がございます方はぜひ活発な議論をお寄せください.

 

お悔やみ:第1期生 工学部写真工学科 唐澤芳彦 氏

同窓会役員・箱守健さま依頼により,以下の通り会員の訃報をお知らせいたします.

  1.逝去日 平成28年4月13日午後7時54分永眠しました
  2.訃報者名 唐澤芳彦(71歳)
  3.卒業年度 第1期生(昭和44年度卒)
           工学部写真工学科
  4.その他 東京写真大学体育会自動車部初代部長
         元(株)平文社取締役等

以上,故人のご冥福を祈り、謹んでお知らせいたします.

建築学科 清水擴先生TV出演 (1/17, 3/6)

2010年3月末で工学部建築学科を定年退職されました清水擴先生のご出演番組につきまして、江部副会長からコミュニティサイトへの情報掲載依頼を頂いておりますので紹介いたします。

先月 1月17日(日)BS朝日テレビ 12:00~12:55
「百年名家」にて建築学科 清水擴 教授 出演番組の放送がありました。

今回、好評につき 来る3月6日(日)同BS朝日テレビ 12:00~12:55
「百年名家」の再放送が有ります。先生の紹介時に工芸大も出ています。

情報伝達宜しくお願い申し上げます。

15期  江部清彦 
—- 事務局より加筆 —-
清水 擴先生略歴
東京工芸大学名誉教授。1945 年 2 月生まれ。1974 年東京大学大学院工学研究科建築 学専攻博士課程修了。専門は日本建築史。1989 年より東京工芸大学教授。 主要研究テーマは平安時代の仏教建築史および近世民家建築史。
2001 年~ 2009 年文部科学省文化審議会第 2 専門調査会委員。2009 ~ 2010 年文部 科学省文化審議会員。2001 年より平泉遺跡群調査整備指導委員会委員として、平泉遺跡群の調査整備の指導を行っている。 主要著書に『平安時代仏教建築史の研究-浄土教建築を中心に』、『延暦寺の建築私的研究』等がある。

今年度の工芸祭は10/24-25「一期一祭」

卒業生の皆様

お元気でご活躍のことと思います。

今年度の工芸祭は

10月24日(土)、25日(日)に開催されます。

2015年のテーマは「一期一祭」とのことです。

http://kougeisai.t-kougei.ac.jp/index.html

今年も同窓会ルーム等の予定がされております。
会員の皆様の交流の一助になりましたら幸いです。

第6回東京工芸大学ホームカミングデー開催のご案内

大学の近況に触れ、当時の学友や恩師との再会・交流・親睦を深めていただくことを目的に、卒業生の方々を対象に、第6回東京工芸大学ホームカミングデーを開催いたしますのでご案内申し上げます。今回は中野キャンパスにて3同窓会合同のもとで開催し、同窓会会員相互の交流の輪を広げる機会とさせていただきたく存じます。

当日、ご卒業25周年の方々には、日頃からの社会貢献により本学の名誉を高めていただいていることに感謝を表し、大学から顕彰と記念品を贈呈いたします。
今回、対象となる方々は、平成元年度[平成元(1989)年9月と平成2(1990)年3月]卒業生(工学部21期生)です。ご参加を希望される、ご卒業25周年の方は別途、ご案内の葉書にてお申し込みください。
締切日は9月24日(必着)です。葉書を受け取れてないご卒業25周年の方は、下記の問い合わせ先へお問い合わせください。
多くの卒業生の方々のご参加を心よりお待ちしています。

開催日 平成27年10月11日(日)
場 所 東京工芸大学中野キャンパス
(東京都中野区本町2-9-5)
受 付 12:00 式典会場前
式 典 12:30〜13:00 芸術情報館3階 大会議室
懇親会 13:10〜14:40 芸術情報館3階 中会議室
主 催 東京工芸大学
協 力 東京工芸大学工学部同窓会/東京工芸大学同窓会/東京工芸大学女子短期大学部華輪会

問い合わせ先/TEL.046-242-9625
東京工芸大学 厚木キャンパス学生課ホームカミングデー担当